浅間神社杯 準決勝戦

竜南ソフトボールクラブは、12月17日、南安倍グランドで行われた第34回静岡市少年ソフトボール協会浅間神社杯の準決勝で、井宮ドジャースと対戦した。

井宮は上位の葵リーグで優勝している各上のチームだ。竜南は、市長杯(4月)と内外杯(5月)で、敗れている。厳しい戦いになりそうだ。


初回、竜南は頼りになる1番2番3番が、井宮のエースに抑え込まれてしまう。

その裏、出鼻をくじかれた。井宮の1番バッターに2塁打を打たれ、直後に3盗を狙い、バントで揺さぶられ、あっという間に1点を奪われる。

この大会、はじめて先制され、追う立場となった。けれども、いまの竜南は簡単に崩れない。声を掛け合い、最小失点でピンチを切り抜けた。



試合は1点を争う緊迫したゲームとなった。

2回、好調井宮エースを打てない竜南は3者凡退に。

すると、竜南エースも負けじと3者連続三振を奪った。


6年生がチームのピンチを救う。

3回裏。

またも井宮の1番バッターに2塁打を打たれた。ノーアウトでランナーが出るピンチ。初回と同じように3盗を狙い、井宮が仕掛けてきた。

竜南の6年生キャプテンであるキャッチャーは冷静だった。ピッチャーの球を捕って直ぐに矢のような送球を放った。6年生のショートが3塁ベース上に滑り込み、ランナータッチアウト!レフトに守っていた6年生もカバーにしっかりと入っていた。何度も繰り返した練習がここで見事に決まる。

堅守で盛り上げると、5年生エースが後続を内野ゴロに打ち捕って、井宮の攻撃の流れを断ちきった。


ピンチのあとにチャンスあり。

4回表。竜南の攻撃。

竜南の攻撃は、2番に入った5年生が
相手を揺さぶりプレッシャーをかけつづけ、
ノーアウトでランナーに出る。
3番5年生のアシストもあって、2盗に成功。

ここで4番の6年生が左打席に立った。
浮足立つ相手に、
初球から積極的に挑んだ
我らが4番の打球は、
レフトへ飛んでいく。
技ありの流し打ちだ。

 

 

 

 

2塁ランナーが好スタートをきる。
走る!走る!走る!
ベンチのみんなが腕を、
まわす。まわす。まわす。
走れ!走れ!走れ!
ホームインだ。
やったあ、追いついたぞ。

 

 

選手たちが、チームが勝つためにやるべきことを、しっかり実行している。迷いがない、ミスを恐れない、勝つんだという気持ちが伝わってくる。竜南の選手たちが頼もしく見えた。

 

 

 

 

 

逆転するぞと、今度は竜南が仕掛ける。直後に2盗を狙ったが、惜しくもタッチアウト。相手も負けじと、勢いづく竜南の攻撃を断ちきる。

両者譲らず、1-1の同点で緊迫した状態のまま、試合は終盤を迎える。


5回裏 井宮の攻撃。1アウトのあと、またもや1番に2塁打を打たれた。

足をからめ、何度もバントで揺さぶり、逆転の1点を、とうとう、もぎ取られてしまった。
井宮にも良い選手が多く力のこもるプレーが続く。

竜南の選手たちも負けじとボールを追いかけるが、なかなか次のアウトがとれない、
無情にも制限時間の70分がすぎていく。

主審が集合をかけると、一塁側のベンチ、応援席は静まりかえったが、やがて選手をたたえる声に包まれた。
竜南選手は終了後の整列で唇をかんで、井宮の選手を称えた。


前キャプテンが応援に来てくれていた、選手は嬉しかった。
お母さんお父さん、応援してくれた。感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

これで6年生3選手の公式戦が終わった。

力を出し切れたかな。

あと1歩及ばなかった。

くやしいな。

この仲間との最後の試合だと思うと、

たまらない。

6年生の頬には、涙がつたっていた。

その背中にそっと声をかけた。

「がんばったね」

--そして、。

「おめでとう」

浅間神社杯

堂々、銅メダル。

 

「ありがとう」

監督、コーチ、選手のみんな、お疲れ様でした。

 

 

2017年12月17日 浅間神社杯 準決勝戦 南安倍グランド

チーム名12345total
竜南000101
井宮10002

スコアブック を更新しました。

 

静岡市少年ソフトボール協会HP

浅間神社杯について 更新しています。

優勝   東千代田

準優勝  井宮

3位入賞 大谷 竜南

 

6年生は3月の卒業までチームに残る予定。新チームのサポート、他チームとの合同練習、親子で触れ合う試合、マラソン大会参加など、小学生最後の思い出づくりと次のステージに向けての準備をする。

関連記事